赤外線方式タッチパネル
赤外線方式タッチパネル

大きなサイズでも
安定のマルチタッチを実現

大型でなおかつマルチタッチ操作が望まれる用途に最適です。 古くから駅の券売機などに採用されていた方式と基本原理は変わりませんので市場での信頼性も高く、ノイズによる誤動作が懸念される用途にも適しています。 以前の赤外線方式と言えば外乱光に弱い、タッチする前に反応するといった点が指摘されていましたが、現在は改善が進み、半屋外で使用できるタイプやタッチする前に反応するといった点も大幅に改善されており、お使いいただける用途が大幅に広がっています。
動作原理等につきましては
タッチパネルの仕組み「赤外線走査方式タッチパネルとは?」
をご参照ください。

大きなサイズでも安定のマルチタッチを実現

柔軟なカスタム対応

標準的なサイズの製品に加えて、異形サイズやその他のカスタマイズにもお応えできる体制を整えております。
各方式との比較につきましては
タッチパネルの仕組み「タッチパネルの各方式別の比較表」
をご参照ください。

柔軟なカスタム対応
矢印